紅鮭(焼き)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

紅鮭/べにざけ・焼き

「紅鮭/ べにざけ・焼き」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、8.85%含有し、177kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンD(698.18%:38.4μg)、次はビタミンB12(158.33%:3.8μg)、そして、ナイアシン(103.33%:12.4mg)、n-3系脂肪酸(72.5%:1.16g)、蛋白質(57%:28.5g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆1%
更に分析 >>

紅鮭


紅鮭(ベニザケ)は、サケ科に分類される魚の一種を言います。別名では、ベニマスとも呼ばれ、北海道から米国西海岸にかけて分布しています。全長はおよそ五十センチほどで、大きなものでは七十センチを超えるものも見られます。普段の身の色は濃赤色ですが、産卵期には雄の体表やヒレなども紅色に変色する特性があります。また、背中がラクダのコブのように突出し、カラフトマスによく似た形を示します。秋ごろに河川上流磯地にて数千に及ぶ卵を産みます。産卵後に親は寿命を終えます。尚、日本の市場に出回っているものの多くは、アラスカやロシアから輸入されたものです。