田螺/タニシ(生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

田螺/タニシ・生

「 田螺/タニシ・生」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、4%含有し、80kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(741.67%:17.8μg)、次は(237.5%:1.9mg)、そして、カルシウム(200%:1300mg)、(184.76%:19.4mg)、亜鉛(77.5%:6.2mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

タニシ


タニシは、田螺科に属する巻貝の総称を指します。日本では、まる田螺、おお田螺、ながタニシ、ひめたにしが知られており、養殖されるジャンボたにしは、リンゴガイ科に分類されるため、たにし科ではありません。たにしは右巻きが基本で、個体差はあるものの大抵は螺旋状に突出しています。体色は大抵黒っぽくなっていますが、もともとは白色から淡褐色をしているそうです。これは暗褐色の殻皮に包まれているためで、そこに様々なものが付着して更に変色するからです。足にはキチン質の蓋が存在し、これによって殻口を開けたり塞いだりしています。市販されているものは茹でてむき身となったもので、調理時には湯や火を通します。殻付きは生きているものを使います。