毛蟹(ゆで)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

毛蟹・ゆで

「 毛蟹・ゆで」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、4.15%含有し、83kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(104.17%:2.5μg)、次はビタミンE(61.67%:3.7mg)、そして、(57.5%:0.46mg)、亜鉛(47.5%:3.8mg)、ナイアシン(44.17%:5.3mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆16%
更に分析 >>

毛蟹


毛蟹(ケガニ)は、クリガニ科に分類されるカニの一種を言います。甲羅は若干縦長で、四角形に近い形状になっています。表面には尖った突起が粒状に見られ、更に羽状毛に覆われています。甲長は二十センチ弱でオスのほうが大きくなります。内部の身肉は多くなっており、特に冬のオスが美味とされます。日本では茨城や鳥取などで見られ、アラスカや朝鮮半島沿岸などにも分布しています。寒い海域を好み、水深二百メートルまでの砂泥底に生息しています。日本ではもともと肥料として使っていたようでヒトの食用にはされていなかったようです。現在では缶詰などに加工されることも多く、塩ゆでや焼き物など多様な使われ方をしています。