蟹/カニ(がん漬)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

蟹/カニ類加工品・がん漬

「 蟹/カニ類加工品・がん漬」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、2.95%含有し、59kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、カルシウム(615.38%:4000mg)、次はナトリウム(272.13%:7500mg)、そして、マグネシウム(182.76%:530mg)、(170%:1.36mg)、マンガン(126.57%:4.43mg)、となります。また、「ナトリウム」は目標量未満を超えており、耐容上限量を超える「カルシウム」では過剰摂取となります。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

カニ


カニ漬(がんづけ)は、干潟に見られる小さな蟹を原料にした塩辛を言います。原料とする蟹は、シオマネキ、ヤマトオサガニ、アリアケガニなどで、これを獲って丸ごと砕きます。出来上がったものに唐辛子などの調味料を添加し、発酵させて仕上げます。見た目は緑褐色を呈し、砕き方も地域などによって違います。細かい破片になるまで砕いたものや脚などが見え隠れする程度に砕いたものなど、作る側によってまちまちです。また、味と香りはがん漬け特有のものがあるため、人によっては好まれない場合もあります。一般には、御飯にのせて食されますが、酒の肴などに利用されることもあります。
蟹類加工品・がん漬