あみ(塩辛)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

あみ・塩辛

「 あみ・塩辛」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、3.25%含有し、65kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ナトリウム(283.02%:7800mg)、次はビタミンB12(112.5%:2.7μg)、そして、(87.5%:0.7mg)、カルシウム(70.77%:460mg)、ビタミンE(40%:2.4mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、「ナトリウム」では目標量未満を超えています。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆14%
更に分析 >>

あみ


醤蝦は甲殻類のあみ目に分類される小さな甲殻類を指します。頭胸部、腹部、尾部に分類され、頭には二対の触覚と目があります。尾部の先っぽは扇状に広がっています。小型のエビ類に類似しますが、オキアミ類やアキアミなどと本種は別種です。しかし日本では古くから、いずれもあめ、もアミ、あみざこ、こませ、いさざ、などと呼称し、似たような形で利用されてきた経緯があるため、区別されないケースもあります。食用では塩辛や佃煮、煮干しなどに利用されますが、あまり普及していないようです。飼料や肥料などに用いられることもあり、養殖や観賞魚の重要な餌となっています。尚、塩辛(しおから)は、塩漬けにした食材を自己消化酵素などを利用して発酵させた食品を言います。
別名:にほんいさざあみ(標準和名)