さつま揚げ


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

さつま揚げ

「 さつま揚げ」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、6.95%含有し、139kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(50%:1.2μg)、次はナトリウム(26.49%:730mg)、そして、蛋白質(25%:12.5g)、ナイアシン(21.67%:2.6mg)、n-3系脂肪酸(18.75%:0.3g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆8%
更に分析 >>

さつま揚げ


薩摩揚げ(さつまあげ)は、魚肉のすり身を原料として形を整え、油揚げしたものを言います。いわゆる揚げ蒲鉾の一種です。魚肉のすり身以外に塩や砂糖などを加えて味付けすることが多く、かたちは丸いものから角ばったもの、棒状のまで沢山の種類があります。牛蒡などを包んだものは、魚肉のすり身を牛蒡に巻き付けたものになっており、縦長です。また、イカや茹で卵などを入れて包み込んだ製品も見られます。もともと中国料理の一種が沖縄へ持ち込まれ、そこから薩摩などを経て日本各地へ普及したとも言われています。鹿児島県や沖縄県などでは、つけ揚げなどと呼ばれており、薩摩揚げとの呼称は一般的でないようです。
さつま揚げ
別名:あげはん