まるあじ(生)[丸鯵]


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

まるあじ・生

「 まるあじ・生」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、7.35%含有し、147kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(412.5%:9.9μg)、次はビタミンD(340%:18.7μg)、そして、ナイアシン(97.5%:11.7mg)、n-3系脂肪酸(83.13%:1.33g)、蛋白質(44.2%:22.1g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆3%
更に分析 >>

まるあじ


丸鯵は、ムロアジ属に分類される魚の一種です。全長は四十センチほどの魚で、体は若干側扁し、体高は高くなっています。ゼンゴが側線上全体に発達しています。マアジによく似ていますが、本種は小離鰭があり、稜鱗が側線直線部だけに見られる点で識別することが出来ます。地方名もあり、和歌山や高知県などではアオアジ、東京周辺ではマル、沖縄ではながいゆー、他にがつんやナガウオなどとも呼ばれています。分布域は日本中部から南シナ海が多く、ハワイなどでも見られます。料理では刺身にされるほか、塩焼きやフライ、酢じめ、なますなど様々な調理で用いられています。
まるあじ・生