バナメイエビ(養殖・天ぷら)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

バナメイエビ・養殖・天ぷら

「 バナメイエビ・養殖・天ぷら」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、9.95%含有し、199kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、セレン(112%:28μg)、次はビタミンE(60%:3.6mg)、そして、ナイアシン(55.83%:6.7mg)、n-3系脂肪酸(50%:0.8g)、ビタミンB12(45.83%:1.1μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆18%
更に分析 >>

バナメイエビ


バナメイエビは、クルマエビ科に属するエビの一種を指します。クルマエビの近縁種とされており、日本ではムキエビとして出回ることが多くなっています。国内での取扱量が増えた背景には、東南アジア系の養殖業者がブラックタイガーから本種に切り替えたことなどがあげられます。しかし、ホワイトスポット病やタウラ症候群などの病気によって生産量は左右されるようです。養殖方法が確立してからは、全世界に広がっており、東南アジアをはじめとする世界各地で盛んに養殖が行われています。原産は東太平洋と言われており、食用利用を目的に養殖と共に漁獲もされています。