シイラ(生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

しいら・生

「 しいら・生」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準で評価した場合、5.4%含有し、108kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンB12(108.33%:2.6μg)、次はビタミンD(90.91%:5μg)、そして、ナイアシン(75%:9mg)、蛋白質(42.6%:21.3g)、ビタミンB6(38.33%:0.46mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆17%
更に分析 >>

シイラ


群泳する習性があり、暖海地域の世界各地において回遊しています。餌を追いかけて波間に見えるシイラは七色に光って綺麗だと言われていますが、漁獲されると、その美しい色は失われていきます。漁獲の際は、曳網(ひきあみ)や巻網(まきあみ)などの方法で行い、モウソウチクを浮かせて、寄ってきたシイラなどの魚をまとめて漁獲します。これは、シイラに漂流物へくっつく性質があるためで、この習性を利用した漁法となります。また、定置網(ていちあみ)などの漁法も行われていて、日本海においては周年漁獲されています。鮮度の高いものは刺身に利用されますが、鮮度低下が早いのでなるべく早めに食します。成長すると体は凡そ二メートル程度となり、別名では、まんびきと呼ばれています。オスは、成長と共に頭部が膨れる特徴が有り、ハワイにおいてはマヒマヒと呼ばれています。シイラ科に属するマヒマヒは、現地において高級魚として取り扱われています。エビスシイラは、漁獲量が少ないとされているシイラの近縁種ですが、身肉もシイラとよく似たものになっています。ただ、体高がシイラのそれより高めで、短い胸鰭を有しています。調理の際は、刺身をはじめ、ムニエル、焼き魚、フライ、練り製品や塩干し、バター焼きといったものに利用されています。旬は七月から九月にかけてで、日本においては本州の真ん中より南側に生息し、また世界各地の温帯地域などに分布しています。
しいら・生
別名:まんびき