梅漬(調味漬)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

梅漬・調味漬

「 梅漬・調味漬 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ナトリウム(98%)、次は食物繊維(18.89%)、そして、カルシウム(13.38%)、鉄(11.43%)、マグネシウム(8.97%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

梅漬


梅漬け(うめづけ)は、ウメの実をシソ科植物のシソの葉と一緒に塩漬けにしたものを言います。塩漬けのみ行われ、日干しはされていません。調味漬(ちょうみづけ)は、これらに加えて、蜂蜜を添加したり、減塩するなどして調味したものを言います。甘味も塩分濃度も様々です。一般に調味漬け作業には、水を使って塩分をある程度取り除きます。この工程によって栄養の一部が失われ、味や香りも低下します。一方、こういった工程を踏まずに調味液内で処理する場合もあります。尚、このように調味液に漬け込んだ梅干しを総称して調味梅干しと言います。
梅漬・調味漬