アボカド(生)

  • avocado-100kcal
  • avocado-100g
  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

アボカド・生

「 アボカド・生」に関して1個約120g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、11.22%含有し、224.4kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる1個約120g中の栄養素は、ビタミンE(66%:3.96mg)、次はパントテン酸(49.5%:1.98mg)、そして、カリウム(43.2%:864mg)、葉酸(42%:100.8μg)、(36%:0.288mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

アボカド


アボカドはクスノキ科ワニナシ属に分類され、高木常緑果樹となります。原産地は、コロンビアやエクアドルなどの中央アメリカやメキシコ南部といった熱帯アメリカで、栽培され出したのは5000年以上前と推測されています。アボカドは、メキシコ系、グアテマラ系、アンチル系に大別されていて、他にも、これらの系統間雑種が存在しています。メキシコ系は、果皮は薄く平滑で、小果となります。果肉の味は濃く、黄緑色をしています。また、霜に対して耐性があり、海抜2000メートル内外で発生し、アニス香があります。グアテマラ系は、果皮が粗く且つ厚いもので粒状となっていて、アニス香はありません。果肉の味は淡白で、淡黄色をしています。また、耐寒性に優れず、中高地から低地にかけて発生します。アンチル系は、果皮は平滑で、革質をしており、厚いものとなります。果肉の味は淡白なものとなり、淡黄色をしています。アニス香がなく、低地の島々で発生します。栄養面では、ビタミン類、ミネラル類が豊富に含まれており、特に改良種のアボカドに含まれる脂質は凡そ二割前後あり、森のバターと呼ばれるほどです。アボカドの利用法では、シャーベット、フルーツサラダ、アイスクリームといったものに用いられ、他にも巻き寿司にしたり、ワサビ醤油に浸けて食べられることもあります。
アボカド・生
別名:アボガド