チェリモヤ(生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

チェリモヤ・生

「 チェリモヤ・生」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準で評価した場合、3.9%含有し、78kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、葉酸(37.5%:90μg)、次はビタミンC(34%:34mg)、そして、ビタミンB6(19.17%:0.23mg)、食物繊維(12.22%:2.2g)、カリウム(11.5%:230mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆6%
更に分析 >>

チェリモヤ


落葉小高木で、原産地は、南米ペルー、エクアドル周辺のアンデス山脈、亜熱帯気候下となります。果皮はうろこ状をしていて、加熱すると黒色になり、果実は集合果で縦径は凡そ10センチ程度となります。白色の果肉は、香りが高く酸味があります。冷却すると味はバニラアイスクリームに良く似たものとなります。冷涼な高地の熱帯地域にて生産されたチェリモヤの果実は美味とされます。バンレイシ科落葉果樹のチェリモヤは、現在、北米やスペインなどで栽培されており、日本では、高知、静岡、和歌山、愛媛といった地域で改良品種が栽培されています。品種は、スムーズ、チューバキュリット、フィンガープリンテッド、アンバネイト、マミレイトに分類されています。開花期は五月前後で、受粉した後、数ヶ月で完熟します。シャカトウやシュガーアップルは近縁のバンレイシことで、熱帯地域では、アテモヤと言われる、本種とチェリモヤの雑種が栽培されています。アメリカにおいては、カスタードアップルと言われます。尚、日本においての品種は、九月から十一月にかけて完熟するものが多いとされています。また、十二月以降に完熟するチェリモヤも存在しています。現在市場において出回っているチェリモヤは、アメリカから輸入されているものが多く、時期的には十二月から五月とされています。

時期・特徴

アメリカからの輸入品が多いが和歌山県など日本でもハウス栽培されています。9月から11月頃が旬。直径10センチから15センチの球形もしくはハート形で、果皮は鱗のような模様をしています。果実はクリーム色で粘りがあり種は黒い。生食に適しており、酸味と甘味があります。「森のアイスクリーム」と呼ばれているように、まるでバニラアイスクリームのような食感です。マンゴー、マンゴスチンと並んで世界三大美果と言われています。他にも別名があり、亜熱帯地域の涼しい高地に生えることから、ペルーの現地語で「冷たいタネ」とも呼ばれます。100グラム中78.1グラムが水分。炭水化物19.8グラムのうち食物繊維は2.2グラム含まれる。果実の糖度は20度以上と高く、ビタミンCは34ミリグラムと、そこそこ含まれています。

チェリモヤの選び方

果皮にハリがあり、ふっくらしているもの。傷がなく、香りが良いものを選ぶ。

チェリモヤの保存法

20度前後で新聞紙などで包んで保存。果皮を傷つけたり、8度以下になると追熟せずに中身も腐ってしまう低温障害になります。また、30度以上でも逆に追熟障害が起こってしまいますので、管理には十分注意して下さい。手に持った時に柔らかくなり、果皮が茶色くなってきたら食べごろです。短時間であれば冷やせるので、食べる前に冷蔵庫に入れて下さい。日持ちしない果実ですので熟してから2日~3日くらいが保存の目安です。
チェリモヤ・生