かりん(生)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

かりん・生

「 かりん・生」に関して1個約170g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、5.78%含有し、115.6kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる1個約170g中の栄養素は、食物繊維(84.06%:15.13g)、次はビタミンC(42.5%:42.5mg)、そして、カリウム(22.95%:459mg)、(19.13%:0.153mg)、ビタミンE(17%:1.02mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

かりん


カリン(花梨)の原産は中国で、日本へは平安時代より前に渡来していたと考えられています。また中国では、果実を咳止めや疲労回復などに用いられてきたとされています。他には砂糖漬けや水煮、観賞用樹木としても利用されています。落葉性高木で、樹高は凡そ七センチ前後となります。マルメロに似ていますが、平滑で綿毛が果面に存在しません。また、成木では、幹からうろこ状に粗皮が剥がれ、その後に雲紋状を示すのがカリンとなります。その他、カリンはがくが脱落します。秋に果実を熟しますが、果肉が石細胞を多く含有するため、とても渋くて硬いものとなります。そのため生食にはあまり適していません。果形は楕円形状で、凡そ十一月前後に熟し、果実は緑色から黄色に変色します。芳香は非常に強く、重さは400グラム前後。種子繁殖には古くから自然交雑が行われ、現存する果実の形などは変異が大きいとされます。そのため、なるべく形が良く大きい果実で、綺麗な果面を有しているものが選抜され、生産されています。含有される成分ではペクチンが多く、果実酒やジャム、砂糖漬けやゼリーといったものに利用されます。尚、乾果は咳止めとして利用されます。

時期・特徴

花が咲くのは3月から5月ごろで白色、ピンク色の5枚弁。収穫時期は10月から11月下旬。涼しい地域で栽培される。寺院に植えられているものは安欄樹(あんらんじゅ)と呼ばれている。色は黄緑色ですが熟すと徐々に黄色みと香りが強くなり、表面には油分が染み出てくる。果実は約300グラムほどで楕円形もしくは卵型。生食には向かないため砂糖漬けやジャム、薬用として咳止めなどに利用する。100グラム中80.7グラムが水分で12ミリグラムほどの糖類を含む。ビタミンCが25ミリグラムと比較的多いがビタミン全体としては少なめ。食物繊維が8.9グラム、カリウムが270ミリグラムと豊富です。また乾燥させた果実片は香気が高いので、カリンの香りを楽しむために室内に置いたりします。カリンと似た特徴のある果実では、香りが強く生食に向かないマルメロや、同じ名前を持つ西洋カリンがありますが、色や形も違う別のものです。

カリンの選び方

果実の表面がツヤが良く、全体にムラにムラや傷のないもの。黄色く色づいていて、カリン独特である甘酸っぱい香りが強いものを選ぶ。

カリンの保存法

黄色く熟すまでは数日間常温で保存。もしくは新聞紙などに包んで暗所に置いておく。熟したら加熱してジャムにしたり、シロップ漬けなどに利用する。乾燥させたカリンは水洗いをしてから沸騰させたお湯で煮だしするとエキスが出ます。冷蔵庫で約一週間ほど保存可能です。
かりん・生