シークワシャー(果汁・生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

シークヮーサー・果汁・生

「 シークヮーサー・果汁・生」に関して100g中のカロリーを国の基準で評価した場合、1.25%含有し、25kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(11%:11mg)、次はカリウム(9%:180mg)、そして、ビタミンE(8.33%:0.5mg)、(7.5%:0.06mg)、ビタミンB1(7.27%:0.08mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆2%
更に分析 >>

シークワシャー


シークワシャー(シークヮーサー/シィークワシャー/シィクワーサー/シイクワシャーとも)はミカン科に分類されていて、一個の果実が凡そ二十五グラム前後で、直径は三センチ程度。果形は両端が窪み、扁平状をしています。成熟すると果皮が黄色く変色して、特有の芳香(ほうこう)を放ち、酸味があります。未熟果は緑色をしていますが、この際に収穫したシークワシャーとても強い酸味を有し、成熟するにつれて、甘味が出てきます。栄養面では、ビタミンCやビタミンB1が目立ち、成熟果は生食されています。一方、未熟果は酸味が強いため、刺身、焼き魚、酢の物、鍋物、飲料水といったものに果汁を絞って利用されます。日本での産地は沖縄県で、旬は四月から五月にかけてが該当します。シークワシャーは台湾の産地や、奄美大島より南の南西諸島などに自生していて、特に沖縄では洗濯の際に用いられていました。品種では、黄金(クガニー)というものがあり、これは、自然変異により選抜されたもので、その多くが加工されて果汁用にされています。
シークヮーサー・果汁・生
別名:ひらみレモン、シークワーサー、シイクワシャー、シィクワーサー全果に対する果汁分:20%