間八/カンパチ

カンパチの多くは養殖物で天然物はほとんど流通していないと言われている高級魚です。前面から見ると、黄色い二つの線が頭部に走っています。これが八の字に見えることから、間八(カンパチ)と言われるようになったとされます。漁獲量も少なくなっています。いわゆる出世魚であり、成長に伴って名称も変わります。モジャコは稚魚の呼び名であり、ショコやシオは幼魚の呼び名です。成魚期のものは、カンパチとなります。仲間となる種類では、ブリやツムブリ、ヒレナガカンパチ、ヒラマサがあります。ブリは流通している多くが養殖物であり、全長はおよそ一メートル程度の魚です。ツムブリは鮮明な色彩を持っており、体はブリのそれに良く似ていると言われています。ヒレナガカンパチは日本であまり漁獲されていないものの、温暖海域の世界各地に見られます。尚、かんぱちはアカイオやアカバナと呼ばれることもあります。

カンパチ/期待される効能・効果

皮膚や粘膜を守ったり、肝機能や骨を強くする働きがあると言われています。また、貧血や脳の働きを保つのを改善したり、血栓の形成を抑制する作用があると言われています。その他、動脈硬化の予防にも役立つと言われています。含有される成分では、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA/IPA)、ナイアシン、鉄などがあります。ドコサヘキサエン酸はアレルギー症状を緩和したり、癌の予防に有用とされます。また、コレステロールを減少させたり、記憶力を高める作用があると言われています。エイコサペンタエン酸は癌や高血圧、動脈硬化の予防に役立つと言われています。血液の流れを改善し、血栓の形成を抑制する他、アレルギー症状の改善に有用とされます。ナイアシンは、必須アミノ酸のトリプトファンからも合成される成分です。蛋白質や糖質、脂質からエネルギーを作り出す上で補酵素としてその代謝に関わっていると考えられています。鉄は酸素の運搬や酸素を細胞へ取り込ませるのに関与しています。