あんぱん(薄皮タイプ)

  • bun-redbean-filling-thin-dough-1
  • bun-redbean-filling-thin-dough-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

あんパン・薄皮タイプ

「 あんパン・薄皮タイプ 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(27.22%:4.9g)、次は(22.5%:0.18mg)、そして、蛋白質(13.2%:6.6g)、カロリー(13%:260kcal)、(12.38%:1.3mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

あんぱん


4月4日が「あんぱんの日」とされていますが、これはあんぱんの創業者の木村安兵衛が明治天皇に献上したことによるものと言われています。そのため、1875年以降、全国に広く認知されるようになりました。餡の糖度は通常、饅頭などに用いられるものより若干少なくなっていますが、これは生地の糖度とのバランスにもよります。種類は多く、こしあんや粒餡をはじめ、白あん、栗餡、うぐいす餡など幅広く利用されています。多くは小豆を使いますが、インゲン豆を使った白あん、芋を原料とする芋アンパンなども見られます。
あんパン・薄皮タイプ