餡パン

bun-red-bean-paste-regular-1
  • bun-red-bean-paste-regular-1
  • bun-red-bean-paste-regular-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

あんパン

「 あんパン 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、蛋白質(15.8%)、次は食物繊維(15%)、そして、カロリー(14%)、銅(12.5%)、ナトリウム(10.16%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

餡パン


餡ぱんは、餡をパン生地で包んで焼いたパンのことです。もともと木村安兵衛という人物が考案したと言われており、砂糖や鶏卵を酒饅頭の生地に練りこんだものが使われます。当初、上部の真ん中にくぼみがあったことから「へそぱん」とも言われていたそうで、次第に桜花の塩漬けをそのくぼみにつけた製品も見られるようになりました。用いられる餡はつぶし餡の他、漉し餡、白あん、うぐいす餡、そして栗餡など様々です。 木村屋のアンパンが創始ですが、各地では北海道の月寒、青森県の川口、大分県の酒種あんぱんなどがあります。
あんパン