クリームパン(薄皮タイプ)

bun-custardcream-filling-thin-dough-1
  • bun-custardcream-filling-thin-dough-1
  • bun-custardcream-filling-thin-dough-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

クリームパン・薄皮タイプ

「 クリームパン・薄皮タイプ 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、パントテン酸(22.5%)、次はビタミンB12(16.67%)、そして、リン(16.25%)、ビタミンD(14.55%)、蛋白質(13.2%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

クリームパン


クリームパンは内部にカスタードクリームを入れた菓子パンの一つです。もともとシュークリームがヒントにされたようで、そこから製造・販売を経て普及したと言われています。用いられるカスタードクリームの製法は小麦粉やコーンスターチなどをよく混ぜ合わせた卵黄と砂糖の中に入れ、更に温めた牛乳を少しずつ添加し、最後に加熱してとろみをつけるというものです。風味づけはバニラが定番で、泡立てた生クリームと組み合わせることでコクや食感が増します。カスタードクリームはシュークリームに入れられるクリームとして知られますが、クリームパンでも使われます。
クリームパン・薄皮タイプ