クリームパン

bun-custard-cream-egular-1
  • bun-custard-cream-egular-1
  • bun-custard-cream-egular-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

クリームパン

「 クリームパン 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、パントテン酸(21.75%)、次は蛋白質(20.6%)、そして、ビタミンD(16.36%)、葉酸(15.42%)、カロリー(15.25%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

クリームパン


クリームパンはカスタードクリームを用いた菓子パンのことです。現在、保存性に優れるフラワーペーストのクリームがよく使われます。もともと相馬愛蔵という人物によって知られるようになったパンで、きっかけはシュークリームを食べた時のようです。閃きは単純で、餡パンの餡をシュークリームのクリームに変えても美味しいのではないかという思い付きです。この発想が現在のクリームパンを普及させた要因と考えられております。詰め物をしたパンは焼き上げると内部に空洞が発生しやすくなっています。クリームパンにはグローブ形状のものも見られますが、これはこの空洞発生を防ぐための切れ込みとする説や内部の詰め物を区別するためとの諸説があります。
クリームパン