タルト(洋菓子)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

タルト(洋菓子)

「 タルト(洋菓子) 」の栄養価を食事摂取基準設定にもとづく30歳から49歳の女性で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(20%:20mg)、次はビタミンA(16%:110μg)、そして、葉酸(15%:37μg)、パントテン酸(13%:0.53mg)、カロリー(13%:262kcal)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

タルト


タルトは薄力粉、バター、砂糖、卵黄、薄力粉、バニラなどを混ぜ合わせて作ります。パイ生地やビスケットを粉砕して形成した器にクリームや果物などを乗せた菓子もタルトと呼ばれることもありますが、一般には上記のものをタルト生地としています。もともとジャムやクリームなどをそのまま食べようと考え出したことにタルトが考案された起源になるようです。現在、アップルパイがリンゴのタルトと呼ばれたり、スポンジケーキを取り除いてタルトを土台にした商品が数多く見られます。他に、愛媛県の郷土菓子であるタルトはカステラ生地に餡を挟んで巻いたもので、一般に言うタルトとは異なります。
タルト(洋菓子)