おしるこ(つぶしあん)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

しるこ・つぶしあん

「 しるこ・つぶしあん 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(23.89%:4.3g)、次は(18.75%:0.15mg)、そして、(10.48%:1.1mg)、カロリー(9.15%:183kcal)、マンガン(8.57%:0.3mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

おしるこ


汁粉(しるこ)は関東と関西では若干異なり、前者では濾したアンも潰したアンも汁粉と呼び、後者では濾したアンを使ったものを汁粉と言い、潰し餡を用いたものはゼンザイと言います。江戸時代の文献では、すすりだんごとの記載があり、これは小豆の汁にもち米とうるち米を用いた団子を入れて塩味で煮込んだもので、上に白砂糖を盛った汁物です。このため、現在のように甘いものではなく、塩味のきいた酒の肴としての用途だったようです。汁粉は正月の食べ物として広まっており、鏡開きでは鏡餅を使って汁粉や善哉を作る風習があり、鳥取県や島根県では汁粉を正月に食べる慣習が残っています。
しるこ・つぶしあん
別名:田舎しるこ、ぜんざい