中華まんじゅう(あんまん)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

中華まんじゅう・あんまん

「 中華まんじゅう・あんまん 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、銅(17.5%)、次は食物繊維(14.44%)、そして、カロリー(14%)、蛋白質(12.2%)、鉄(10.48%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

中華まんじゅう


中華饅頭の一つであり、ごまやラードを小豆餡に練りこんだものを一般にあんまんと言います。皮の主原料は中力粉の小麦粉であり、これに食塩、砂糖、イースト、ぬるま湯などを添加して捏ね上げます。出来上がった生地で餡を包みますが、この餡には砂糖や水飴のほか、植物性油脂或いはラードといった油脂、そしてすりごまなどを入れます。皮の大きさはいろいろですが、これを丸めて餡を入れます。蒸す時はせいろうを使い、醗酵後、蒸しあげます。
中華まんじゅう・あんまん