肉まん(中華まんじゅう)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

中華まんじゅう・肉まん

「 中華まんじゅう・肉まん」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、13%含有し、260kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ナイアシン(32.5%:3.9mg)、次はビタミンB1(20.91%:0.23mg)、そして、蛋白質(20%:10g)、パントテン酸(20%:0.8mg)、n-6系脂肪酸(18.13%:1.45g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆10%
更に分析 >>

肉まん


蒸し菓子の一つであり、中華料理では点心として使われます。内部に入れるものによって種類があり、肉まんは、豚のひき肉や椎茸、ネギ、たけのこなどを使います。饅頭そのものの起源は、三世紀初頭の中国とも言われますが、明確にはなっていません。日本で普及したのは明治以降とも言われますが、こちらもハッキリ分かっていないようです。尚、中華料理では餡や肉を入れた中華饅頭をバオズーと言い、これらを入れないものをマントウと呼びます。