キャラメル

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

キャラメル

「 キャラメル 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンD(55%:3μg[目安量: 5.5])、次はカルシウム(29%:190mg[推奨量: 650])、そして、モリブデン(24%:6μg[推奨量: 25])、カロリー(22%:433kcal[普通: 2000])、ビタミンA(16%:110μg[推奨量: 700])、となります。また、耐容上限量が定められていて、それを超える栄養素はありません。

キャラメル


キャラメルにはハードとソフトがあり、これは油脂の含有量によって分類したものです。原材料はこの油脂をはじめ、小麦粉や水飴、砂糖、香料、練乳などで、これらをやや低温で加熱します。キャラメルそのものの製法はもともとアメリカから伝わったもので、大正初期に森永製菓がミルクキャラメルを販売したのが国内で初めてとされる。キャラメルはキャンディー菓子のことを言いますが、カラメルは砂糖と水のみを加熱して仕上げた液体を言い、キャラメルとは異なります。こちらは見た目の濃い褐色と香ばしい芳香が特徴であり、味は甘く若干苦みを持ちます。プリンなどで多用されます。
キャラメル