ソーダクラッカー


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ソーダクラッカー

「 ソーダクラッカー」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ナトリウム(26.49%:730mg)、次はビタミンE(25%:1.5mg)、そして、ナイアシン(22.5%:2.7mg)、カロリー(21.35%:427kカロリー【旧2010年版でも同じ100g:427kカロリー】)、蛋白質(20.8%:10.4g)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆8%
更に分析 >>

ソーダクラッカー


ソーダークラッカーは、重層を原料に使っており、アメリカ式で最も知られるクラッカーです。焼き上げる時間は短くしますが、発酵はゆっくり時間をかけて行います。食感はカリッとしており、発酵と重層の風味によって飾り気のない味が特徴です。また、重層を混合していますが、ソーダークラッカーのpH自体は8前後のアルカリ性に傾いています。ヤマザキナビスコのプレミアムはイースト醗酵によるソーダークラッカーです。ディップと呼ばれるクリーム状のソースにつけて食べたり、粉砕してスープに入れたり、トッピングしたりして食されます。家庭だけでなく、ホテルやレストランでも食事の場に並びます。