(オイルスプレー)クラッカー

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

オイルスプレークラッカー

「 オイルスプレークラッカー 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンE(203.33%)、次はモリブデン(40%)、そして、n-6系脂肪酸(32.13%)、カルシウム(27.69%)、カロリー(24.6%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

クラッカー


オイルスプレークラッカーは生地にオイルを吸着させて、食塩や香辛料で味付けしたものである。短時間で生地を作るのが特徴で、これは蛋白質分解酵素の働きを活用したものです。一方、ソーダクラッカーは重層と発酵を活用して作ります。オイルスプレークラッカーでオイルを取り込ませるには、温めたオイルをスプレー、あるいはオイルカーテンに通すといった方法がとられます。別名では、スナッククラッカーとも言います。クラッカーは甘みの強いビスケットのクッキーに対する言葉で、酸味の強いビスケットの総称として知られます。クラッカーの原型は乾パンだったようで、かつては兵士の食料として用いられていたそうです。その後マサチューセッツ州のパン職人によって焼く際に生じる音からこの名称がついたようです。
オイルスプレークラッカー
別名:スナッククラッカー