シュークリーム

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

シュークリーム

「 シュークリーム 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、セレン(48%)、次はパントテン酸(25.75%)、そして、ビタミンB12(25%)、モリブデン(24%)、ビオチン(23.2%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

シュークリーム


シュークリームは、シュー皮内部にカスタードクリームを充填したお菓子のことです。原料は薄力粉の小麦粉をはじめ、油脂や食塩、鶏卵で、油脂にはショートニングやバター、マーガリンが用いられる。ショートニングでは若干固く仕上がる傾向にあり、バターでは柔らかくなる。シューはフランス語でキャベツのことを指し、シュークリームの名称はキャベツに似ていることに由来します。他に、パリブレストやスワン、ルリジューズ、クロカンプッシュなどがあり、パリブレストは大きなリング状となります。スワンは白鳥に見立てたものです。ルリジューズは修道女に見立てたもので、大形のシュークリームに小形のシュークリームを積み重ね、周囲にクリームを塗布したものである。クロカンブッシュは祝い菓子で用いられ、ピラミッド風にシュー皮を積み上げ、上側に飾りを施したものである。フランスではカスタードクリームが多く使われるが、日本では生クリームもよく見られます。
シュークリーム