ひなあられ(関西風)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ひなあられ・関西風

「 ひなあられ・関西風」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、19.9%含有し、398kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、モリブデン(480%:120μg)、次はクロム(50%:5μg)、そして、(47.5%:0.38mg)、マンガン(39.14%:1.37mg)、亜鉛(30%:2.4mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆4%
更に分析 >>

ひなあられ


雛霰は、3月3日に供え物として用いられるもので、雛祭りで広く知られるお菓子の一つです。関西風では、醤油で風船に味付けしたものが使われます。もともと平安時代頃から子供の玩具として人形が使われており、当時は「ひいな」と呼んでいたそうです。また、人形そのものは古代から災難の身代わりとして使われており、流し雛などがその例である。こういった子供の玩具としての位置づけと宗教的な意味合いが次第に三月三日を主軸に雛を祭る行事として結びついたと考えられ、江戸時代には今のような雛壇があったと推測されています。お供え物としては雛霰の他、草餅や菱餅が使われ、これらを食べながら白酒で雛祭りを祝うようになったと言われます。
ひなあられ・関西風