蕎麦ボーロ


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

蕎麦ボーロ/そばボーロ

「蕎麦ボーロ/ そばボーロ」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、モリブデン(48%:12μg)、次はセレン(40%:10μg)、そして、ナイアシン(21.67%:2.6mg)、カロリー(20.3%:406kcal)、パントテン酸(18.5%:0.74mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆12%
更に分析 >>

蕎麦ボーロ


蕎麦ボーロはポルトガルから16世紀頃に伝来した南蛮菓子をもとに製法や配合に工夫されたお菓子です。他のボーロと比べて蕎麦を使っているところが特徴であり、発祥は京都です。原材料に小麦粉や砂糖、鶏卵の他、蕎麦を混ぜ合わせており、これを薄く伸長させ、型を使って打ち抜き、中心も丸く打ち抜いて焼きあげます。種類としては蕎麦のほか、衛生、佐賀、そしてタマゴ型にしたタマゴパンなどがあります。ボーロそのものはサクッとした歯ごたえが特徴的です。
蕎麦ボーロ/そばボーロ