八つ橋


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

八つ橋

「 八つ橋」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、モリブデン(152%:38μg)、次はカロリー(19.7%:394kcal)、そして、(16.25%:0.13mg)、マンガン(12.57%:0.44mg)、ナイアシン(11.67%:1.4mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆6%
更に分析 >>

八つ橋


八つ橋(やつはし)は米粉と白玉粉を主な生地材料としたお菓子です。この生地を捏ねて蒸してからハチミツ、砂糖、シナモンなどを混合し、更に桂皮末や大豆粉をまぶして成型後、焼き上げて仕上げます。焼かない場合は生八つ橋となり、白く仕上げられています。お茶菓子として好まれる傾向にあり、桂皮の芳香と味が特徴です。また、食感は固く、艶が裂け目に見られます。八つ橋は京都の名物として広く知られており、中でも井筒八つ橋や聖護院八ツ橋などが代表例です。その他、似たような仲間では、熱田のつくばねや知立の八ツ橋の里があります。五萬石やきさらぎなどは岡崎で知られており、いずれも愛知県産となります。