金柑/キンカン

キンカンの概要

  • kumquats
  • kumquats-1
日本へは中国から江戸時代以降に薬用として伝わったとされますが、マルキンカンと呼ばれるものは、鎌倉時代から室町時代の間で渡来しているとされます。中国が原産地と言われており、マルキンカンが伝わってから長金柑及び寧波金柑が渡来したものと考えられています。薬用に使われていた経緯があることから風邪をひいた際などに現在も食される傾向にあります。日本では鹿児島県や宮崎県などが現在の産地として知られており、植物としてはキンカン属となるため、ミカン属には分類されません。金柑の仲間の種では豆・寧波・長寿・丸・長金柑などがあります。豆きんかんは、観賞用として利用されており、実の色調は赤橙となります。寧波キンカン(にんぽうきんかん)は、芳香性が高く、強い甘味が特徴です。やや大きく、果実は丸型です。長寿きんかんは大粒となっており、浮き皮が見られます。丸きんかんは非常に小粒です。長キンカンは少し小粒になっており、強い酸味があります。尚、姫橘(ひめたちばな)は当該フルーツの別名です。

キンカン/期待される効能・効果

感染症、動脈硬化、糖尿病の予防に有用とされます。また、免疫力亢進やリラックスなどの作用もあるとされます。更に癌の発生を抑えたり、疲労回復の働きなどもあると言われています。含有される成分では、食物繊維やヘスペリジン、クリプトキサンチン、ペクチン、テルペン、クエン酸などが知られています。食物繊維は癌を抑制したり、整腸作用があるとされます。ヘスペリジンは苦味成分であり、ポリフェノールの仲間となります。癌の発生を抑えたり、毛細血管の強化、コレステロール値を下げるなどの働きがあるとされます。含有される箇所は、柑橘類のスジや袋、皮などとなります。クリプトキサンチンは活性酸素を除去する働きがあるとされるカロテノイド系の黄色色素です。老化に伴って視力が落ちるのを予防する働きもあると言われています。ペクチンは水溶性の食物繊維であり、糖質やコレステロールが体内へ取り込まれるのを阻害する働きがあると考えられています。また、排便を促したり、整腸作用があるとされていて、癌や糖尿病、動脈硬化を予防すると言われています。テルペンは興奮した神経を鎮静し、蓄積したストレスを解きほぐす働きがあるとされます。芳香成分であり、自律神経のコントロールに影響を与えると言われています。クエン酸は、食欲を高める他、乳酸を分解する働きがあると考えられています。このため、疲労回復に有用とされます。

補足

選び方

傷がなく、ツヤが表面に見られ、濃い色の果皮を持つものが良いとされます。へたが枯れていたり、丸くないもの、小さいものは避けるべきでしょう。

食べ方

独特の果実を持ち、果肉が酸っぱい一方で甘い皮が特徴です。柑橘類の中で最も小さいとされ、皮ごと食べられます。一般にこういった生食のほか、煎じて咳止めや風邪薬代わりに利用されたり、砂糖煮もしくは砂糖漬などにも使われます。こちらは正月料理の重詰めの口取りにもされます。生食には不向きともされていますが、これは甘み、酸味ともに少なく、果肉部があまりないからです。しかし、芳香性に優れると共に甘みもあることから、砂糖などでその甘さを補い、砂糖煮、甘露煮のほか蜂蜜漬け、ゼリー、ドライフルーツなどに利用されたり、フルーツサラダの装飾といった形式でも使われます。加工食品としては、ゼリーの他、マーマレードやきんかん漬、缶詰といった形で食されます。きんかん漬けにする場合、切れ目を果実に入れ、酸味とアクを取り除くため、水に一昼夜浸します。そして原料のおよそ九割程度の砂糖を用いて、これと一緒に煮詰めることで優れたきんかん漬けが出来上がります。

保存

冷蔵庫で七日ほど保存が可能です。その場合、袋に入れます。

成分の特徴

ビタミンCの含有量が百グラム中、49ミリグラムと、やや多くなっています。またクリプトキサンチンと呼ばれるプロビタミンAがβカロテンの約七倍ほど存在します。果皮にはビタミンPであるヘスペリジンが含有されます。この物質は抗酸化、抗炎症、抗不安作用があるとされ、またラットによる実験では、血圧やコレステロールを下げる働きが報告されています。

仲間の種

豆金柑(まめきんかん)は一グラム程度、長実金柑(ながみきんかん)および寧波金柑(ねいはきんかんとも呼ぶ)は十グラムほど、長寿金柑は三十グラムぐらいになります。国内では長実と寧波が中心であり、特に寧波は甘みに優れた果皮を持ち、重さは十二グラムほど。多くの柑橘類はカンキツ属となりますが、金柑は植物としてはキンカン属となるため、カンキツ属には分類されません。古くはミカン属に分類されていましたが、現在はミカン科キンカン属常緑低木となります。原産地は中国揚子江流域で、別名ではキンキツ(金橘)と言い、生薬名で呼ぶこともあるようです。長葉金柑(ながはきんかん)、明和金柑(めいわきんかん)・寧波金柑(ネイハもしくはニンポウキンカン)、丸金柑(まるきんかん)・丸実金柑(まるみきんかん)・姫橘(ひめたちばな)、豆金柑(まめきんかん)・香港金柑(ほんこんきんかん)・金豆(きんず)、長実(ながみきんかん)、大実金柑(おおみきんかん)・長寿金柑(ちょうじゅきんかん)・福州金柑(ふくしゅうきんかん)といった種と仲間、別名が存在します。