セレベス(球茎・生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

セレベス・球茎・生

「 セレベス・球茎・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(96%)、次はカリウム(33%)、そして、銅(18.75%)、ビタミンB6(17.5%)、ナイアシン(14.17%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

セレベス


セレベスはサトイモ科の植物であり、いわゆるタロイモの一つです。タロイモは根茎を食用とする栽培種でその総称となります。その代表例がサトイモであり、セレベスはその仲間の種類になります。セレベスは原産地をスラウェシ島としており、この島はインドネシア中部に位置します。かつてはセレベス島とも呼ばれていましたが、インドネシアが独立してからはスラウェシ島と呼ばれ、一部に赤みを帯びたタロイモの一種であるセレベス芋が近年、日本でも広く流通するようになりました。タロイモそのものは根菜として世界中の温暖な地域で栽培されています。
セレベス・球茎・生
別名:あかめいも