セレベス(球茎・水煮)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

セレベス・球茎・水煮

「 セレベス・球茎・水煮 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(80%)、次はカリウム(25.5%)、そして、銅(15%)、ビタミンB6(13.33%)、ナイアシン(12.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

セレベス


セレベスはタロイモの一種です。日本で栽培されているサトイモやエビイモ、エグイモ、タイモ、筍芋(たけのこいも)、カラノイモなどはセレベスの仲間となります。セレベス芋は赤みのある品種であり、名称はセレベス島に由来します。この島は現在スラウェシ島と呼ばれるようになっており、セレベス芋を彷彿させる呼称になっていませんが、上記の通り原産地はこの島となります。日本では千葉県などで生産されており、芽や茎、葉などが赤く染まっています。このため、赤芽芋(あかめいも)と呼ばれることもあります。一般にセレベスは親芋、小芋ともに食用とされています。
セレベス・球茎・水煮
別名:あかめいも