たけのこいも(球茎・水煮)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

たけのこいも・球茎・水煮

「 たけのこいも・球茎・水煮 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(40%)、次はカリウム(20.5%)、そして、亜鉛(18.75%)、葉酸(16.25%)、マンガン(15.14%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

たけのこいも


筍芋(たけのこいも)はサトイモの一品種です。サトイモはタロイモ類に属し、サトイモ科の植物となります。日本では小芋での休眠を要する温帯適応した栽培種が多くなっており、小芋を沢山できる品種群が生産のほとんどを占めています。これに対し、タケノコイモの場合は、親芋が太ってもあまり小芋を発生させない品種となります。サトイモそのものは古くから日本でも食用とされており、煮物をはじめとする様々な料理で利用されています。また、広く一般的な存在であり、愛知県では「いもたき」の主な材料となっており、これを肴に秋の月見において宴会の場で食されています。
たけのこいも・球茎・水煮
別名:京いも