マーボー豆腐の素

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

マーボー豆腐の素

「 マーボー豆腐の素 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ナトリウム(51%:1400mg[目標量(未満): 2756])、次は蛋白質(8.4%:4.2g[推奨量: 50])、そして、ナイアシン(8.33%:1mg[推奨量: 12])、カロリー(5.75%:115kcal[普通: 2000])、ビタミンB1(4.55%:0.05mg[推奨量: 1.1])、となります。また、耐容上限量が定められていて、それを超える栄養素はありません。

マーボー豆腐の素


麻婆豆腐の素(まーぼーどうふのもと)には豆板醤(トウバンジャン)が混合されており、この調味料は唐辛子の辛味成分が特徴です。四川料理で広く使われていますが、日本でも麻婆豆腐に欠かせない調味料の一つとなっています。麻婆豆腐の素そのものには甘口や辛口、中辛、大辛など辛さの程度にこだわった製品も多く見られます。麻婆豆腐はひき肉と赤トウガラシ、豆板醤、トウチ、花椒(かしょう)などを炒めて鶏ガラスープを入れ、豆腐を加えて煮た中華料理を言います。日本と本場四川とでは作り方が若干異なります。
マーボー豆腐の素