蜂蜜/ハチミツ


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

蜂蜜/ハチミツ

「 蜂蜜/ハチミツ」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる大さじ約21g中の 成分は、カロリー(3.18%:63.63kcal)、次はクロム(2.1%:0.21μg)、そして、マンガン(1.26%:0.0441mg)、(1.05%:0.0084mg)、ナイアシン(0.7%:0.084mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

ハチミツ


ハチミツはミツバチが巣の中で作った蜜を言います。ミツバチが採取する花の蜜はメスによって集められ、胃の前側にある蜜嚢にて貯蔵されます。蜜嚢に蜂蜜が十分溜まると巣へ帰って貯蔵します。ミツバチが採取した花の蜜は水分を含有するスクロースであり、味や色は蜜源となる植物によって異なります。人類は古くから蜂蜜を食用や薬用といった形で利用してきましたが、初めのころは野生のミツバチの巣から蜂蜜を取り出していました。その後飼育によって集めるという方法が普及し、現在では養蜂という形で確立しています。