砂糖

  • soft-sugars-white-1
  • sugars-100kcal
  • sugars-100g

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

上白糖

「 上白糖」の栄養価を食事摂取基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる大さじ約9g中の栄養素は、カロリー(1.73%:34.56kcal)、次は(0.1125%:0.0009mg)、そして、カルシウム(0.0138%:0.09mg)、カリウム(0.009%:0.18mg)、ナトリウム(0.0033%:0.09mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

砂糖


一般に砂糖(サトウ)は、上白糖及びグラニュー糖といったものがあり、これに加えて、ブドウ糖及びデンプン糖並びに蜂蜜(はちみつ)といったものがあります。尚、デンプン糖は水あめなどがこれにあたります。原材料はサトウキビや甜菜(テンサイ)といわれるサトウダイコンなどで、日本へはかんしゃ糖といわれるサトウキビを原料とするものが最初と言われています。日本で国内生産され出したのは江戸時代からで、それまでは薬用として扱われていた経緯があります。サトウキビはニューギニア近辺が原産地と考えられており、その後インドへ伝わって砂糖(さとう)の生産が始まったとされます。また、テンサイ糖は、明治以降日本に渡来しました。サトウキビはその形状がトウモロコシにも良く似ていて、亜熱帯や、温度湿度共に高い地域に生息しています。日本においては沖縄県がよく知られる産地で、主に赤道から南北三十度における地域にて栽培されています。別名、甘シャ、或いは甘ショとも呼ばれ、多年生植物のイネ科です。その茎を細断してから圧搾し、これによって採取された原料となる茶褐色の糖が、それぞれの地域に運搬され、その後精製されることになります。一方、甜菜(てんさい)は、二年生植物でアカザ科に属し、別名ビートとも言います。おもに温帯で栽培される植物ですが、そのなかでも涼しいとされる地域が中心となります。
上白糖