エシャロット

エシャロットは、日本において生産されたものだと、つやがあって白っぽくなっている物が良質とされていて、見た目にも新鮮な葉そして茎を持つものが良いとされています。一方輸入物では、皮が乾燥していて硬い物が良質とされています。日本で生産されたエシャロットは、生食されるケースが多く、細かく刻んでサラダ或いはマヨネーズなどに入れて用いられたり、外皮を一枚だけ剥いてもろみみそ、味噌、マヨネーズといったいったものにつけて食されています。一般には特にフランス料理などで香辛野菜として用いられており、スープやシチュー、ソースなどに入れて利用されています。これは大蒜(にんにく)や玉葱(たまねぎ)と同じくみじん切りにしたり、おろしたりします。また、みじん切りにしたエシャロットを炒めたものを用いて肉類や魚類を焼くと、香りが引き立つだけでなく、臭みも消えます。焼くときは強火にしないで炒め、焦がさないのがコツになっています。その他、マヨネーズやドレッシングなどに、エシャロットをみじん切りにした生のものを入れて使われることもあります。利用部位は鱗茎で、らっきょうと同等の大きさのものが良いとされています。ハッキリとした原産地は分かっていませんが、エシャロットは、玉葱(たまねぎ)の変種と言われています。日本では、らっきょうを軟白栽培したものが市場へ出回っていますが、輸入品では、国産物との違いを示すためにベルギーエシャロットという名称が用いられていることもあります。

エシャロット/期待される効能・効果

ビタミンB1の吸収率を高めると言われている含硫化合物が含まれており、更に新陳代謝機能を高める働きがあると考えられています。この含硫化合物は、葱類(ねぎるい)に多く含まれている成分で、生理機能を有することで知られています。