黄韮/キニラ

キニラの概要

通常のにらの葉の根元を切り取り、新芽に日光を遮断させて軟化栽培したものを黄にらと言います。別名では、キニラのことを「にらもやし」「黄金にら」とも呼びます。韮(にら)はユリ科に属し、古くから東南アジアや中国において栽培されていましたが、ヨーロッパではあまり栽培されていません。黄韮(キニラ)は、日光をさえぎって軟化栽培したもので、食感がシャキシャキとしていて歯ごたえもとても良く、その味には甘味があり、外見は黄色っぽく、下部は白っぽくなっています。穏やかな香りを持ち、高級食材として中華料理などにキニラが使われています。日本でのキニラの産地は岡山県などで、調理ではサラダをはじめ、薬味や炒め物、浸し物といったものにキニラが利用されます。尚、黄韮の嗜好の一つである柔軟性を保つため、火を余り通さず、黄韮を調理の最終段階で加えるのが良いとされています。

キニラ/期待される効能・効果

黄にら特有の匂いは含硫化合物で、ビタミンB1の吸収率を高め、抗ガン作用があると考えられています。含硫化合物の含有量は、通常のにらより、黄にらの方が少ないため、生理作用も緩やかで穏やかなものになります。その他の成分においても、通常のにらより、黄韮の方が少なくなります。尚、黄韮にはアホエンと言われる成分が含まれており、この成分に記憶力を向上させたり、老化を防止する作用があると考えられています。