えごのり(おきうと)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

えごのり・おきうと

「 えごのり・おきうと」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準で評価した場合、0.3%含有し、6kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(13.89%:2.5g)、次はマンガン(9.71%:0.34mg)、そして、ビタミンB12(8.33%:0.2μg)、(5.71%:0.6mg)、マグネシウム(5.52%:16mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆2%
更に分析 >>

えごのり


えごのりは、紅藻の一つであり、昆布やホンダワラなどに着生して育ちます。これを煮溶かして固めた料理をおきゅうとと呼び、主に福岡県福岡市で食されています。成分の大半は水分で構成されており、わずかにタンパク質や炭水化物などが含まれている程度の食品です。栄養価には優れませんが、おきゅうと特有の歯ごたえがあることから、福岡県を中心に食べられています。おきゅうとの製法は、まず原料のエゴノリとテングサを洗浄し天日干しします。洗浄は数回繰り返します。そして一定比率で上記原料を混ぜ合わせ、よく叩きます。更に酢を添加して煮溶かし物を裏ごしします。こうして出来上がったものを一定の形に成形し、凝固させて仕上げます。
えごのり・おきうと
別名:おきゅうと