(削り)昆布

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

削り昆布

「 削り昆布 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、カリウム(240%)、次はマグネシウム(179.31%)、そして、食物繊維(156.67%)、ビタミンK(100%)、カルシウム(100%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

昆布


昆布(こんぶ)はコンブ目コンブ科に分類される海藻を総称するものです。日本での食用歴史も古いものとなっており、縄文時代の遺跡から海藻類の痕跡が発見されており、このため昆布なども当時から食用にしていたのではないかとも推測されています。戦国期には兵士たちの間で陣中食の一つとして昆布が食されていたようです。削り昆布(けずりこんぶ)は薄い食酢に昆布を浸して柔らかくし、これを削ったものを言います。とろろ昆布やおぼろ昆布などが該当しますが、これらは削り方によって区別されたものです。刻み昆布が糸状に細長く刻み込むものであるのに対し、とろろ昆布などでは薄い帯状に削ったものとなります。
削り昆布
別名:おぼろこんぶ、とろろこんぶ