(塩)昆布

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

塩昆布

「 塩昆布 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ナトリウム(257.71%)、次はカリウム(90%)、そして、食物繊維(72.78%)、マグネシウム(65.52%)、ビタミンK(49.33%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

昆布


塩昆布(しおこんぶ)は昆布のうま味、砂糖の甘み、醤油の風味、これに塩味を加えてバランスをとった食品であり、ふっくらとした食感にまろやかな味わいが特徴となっています。現在、シンプルなものから副剤を添加したもの、減塩タイプなど多岐にわたる製品が流通しています。主原料となる昆布そのものはコンブ目コンブ科に属するいくつかの海藻を意味します。生物学が誕生前からの呼び名で明確な定義はされていないようです。しかし細長い葉を有する食用タイプのものが昆布と呼ばれるケースが多くなっています。また、昆布の増殖は胞子によって行われます。胞子は遊走子とも言われ、これは海中において泳げることを意味します。
塩昆布