てんぐさ(粉寒天)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

てんぐさ・粉寒天

「 てんぐさ・粉寒天 」において100g中のカロリーを食事摂取基準設定30歳から49歳の女性で評価した場合、8%含有し、165kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(439%:79g)、次はクロム(390%:39μg)、そして、鉄(70%:7mg)、ヨウ素(62%:81μg)、マンガン(29%:1mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

てんぐさ


粉寒天(こなかんてん)は工業的に作られる均質な粉末寒天(ふんまつかんてん)のことを言います。原料は通常の寒天と同様ですが、テングサを原料とする場合、塩素系漂白剤で漂白してから煮沸させて成分を抽出します。オゴノリのケースでは水酸化ナトリウムでアルカリ処理してから塩素系漂白剤を用いて漂白し、煮沸後抽出します。塩素系漂白剤を利用していないものは無添加と言われています。製法はこういった工程を踏んで、不純物の除去のためにろ過し、冷却凝固させ、脱水、粉砕といった工程を経て出来上がります。また、脱水する際、テングサのケースでは凍結乾燥法による脱水が行われ、オゴノリの場合は加圧脱水します。その後、両者共熱風乾燥機にて乾燥させます。
てんぐさ・粉寒天
別名:まくさ