ひじき(ステンレス釜・ゆで)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ほしひじき・ステンレス釜・ゆで

「 ほしひじき・ステンレス釜・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ヨウ素(738.46%)、次はビタミンK(26.67%)、そして、食物繊維(20.56%)、カルシウム(14.77%)、マグネシウム(12.76%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

ひじき


鹿尾菜(ひじき)は褐藻類ホンダワラ科ホンダワラ属の海藻の一つです。春から初夏にかけて胞子嚢を付け、熟成します。日本での分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄県や奄美大島など全国にわたって見られます。波の強い海岸付近において岩場の潮間帯近くに繁殖する傾向があります。根から茎が一本乃至数本伸長し、茎から小枝と葉が伸びてきます。へら状の葉の縁には鋸歯が見られます。昔からひじきを食べると長生きするとの言い伝えがあり、現在でも敬老の日との関係で「ひじきの日」というものがあります。これは日本ひじき協会が制定したものですが、敬老の日は法改正によって変更されたため、必ずしも日付は一致しません。
ほしひじき・ステンレス釜・ゆで