ひじき(ステンレス釜・油いため)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ほしひじき・ステンレス釜・油いため

「 ほしひじき・ステンレス釜・油いため 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ヨウ素(1000%)、次はビタミンK(28.67%)、そして、食物繊維(25%)、ビタミンE(21.67%)、クロム(20%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

ひじき


鹿尾菜(ひじき)は波の荒い海岸付近の岩場の潮間帯近くで見られる海藻の一つです。日本全国に分布していますが、朝鮮半島や中国南部でも見られます。根は伏せた状態で移動し、岩上に付着します。国内産のひじきはほとんど天然産ですが、最近では人口種苗をロープの撚りに挟み込む技術などが開発され、市場へ流通しています。しかし国内で出回っているひじきのほとんどは中国や韓国から輸入されたものとなっています。加工方法は蒸乾法と煮乾法に大きく分けられます。蒸乾法は乾燥原藻を水戻しして蒸乾を行う伊勢方式とも言われるもので、煮乾法は生原藻を煮乾する加工法と乾燥原藻を水戻しして煮乾する方法に分類されます。
ほしひじき・ステンレス釜・油いため