甘海苔/味付け海苔

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

あまのり・味付けのり

「 あまのり・味付けのり 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンB12(2420.83%)、次は葉酸(666.67%)、そして、ビタミンK(433.33%)、ビタミンA(385.71%)、ビタミンC(200%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

甘海苔


干しノリは、洗浄した生ノリを細かく刻んで淡水に混入させ、それをすのこを使って乾燥させたものです。出来上がったノリには格付けがあり、形態、香味、光沢、混じり物といった基準によって特等から等外といったランク付けがされます。現在ノリの養殖は主に瀬戸内海、伊勢湾、松島湾、有明海などで行われています。かつては、東京湾が主産地でしたが、埋め立てなどの理由によってそのほとんどがなくなりました。現在の養殖では、ナラワスサビノリ及びオオバアサクサノリが用いられ、成長速度が速いのが特徴となります。海苔はビタミンやミネラルを豊富に含んでおり、意外にも大豆より多くタンパク質を含んでいます。そのアミノ酸組成も大豆のそれより優れていると言われていて、食生活に於いてタンパク質のバランスをとる上では非常に優秀な蛋白源と言えます。ただ、一日において使われるノリの量を考えると、肉や卵と同等の蛋白源にはなりません。ノリの品質は香気が高くより乾燥されたもので、光沢があり、均一の厚みを持つものが良いとされます。また、海藻類は漢方的薬効もあるとされていて、その作用は体内水分をより速く代謝するというものです。これによって体に発生していたむくみを解消する働きがあると言われています。
あまのり・味付けのり
別名:のり