あずき(全粒・ゆで)

adzuki-boiled-1
  • adzuki-boiled-1
  • adzuki-boiled-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

あずき・全粒・ゆで

「 あずき・全粒・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(384%)、次は食物繊維(65.56%)、そして、銅(37.5%)、カリウム(23%)、蛋白質(17.8%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

あずき


小豆(アズキ)は東アジアを原産地とするササゲ属の一年草です。日本では紀元前4000年頃の粟津湖底遺跡や弥生時代の登呂遺跡などから発見されており、古くから栽培されてきたものと思われます。また、日本でも小豆の祖先と推測される野生種のヤブツルアズキが見られ、この種の遺伝的特性が栽培種のアズキにも見られることから、原産地は中国や日本を含め東部アジア一帯と考えられており、それぞれの地域で独自に栽培化されたものと推測されています。名称は大豆に因んでいるものと推測されていますが、その由来には諸説があり、そもそもアズキは漢字ができる前に和名として存在していたとも言われています。
あずき・全粒・ゆで