あん(こしあん)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

あずき・こしあん

「 あずき・こしあん 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(37.78%)、次は銅(28.75%)、そして、鉄(26.67%)、蛋白質(19.6%)、亜鉛(13.75%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

あん


漉し餡(こしあん)とは、アズキを煮てすり潰し、これを裏ごしして仕上げたものを言います。餡そのものは、多くの場合餡子(あんこ)を意味します。原料は小豆が多くなっていますが、サツマイモや栗なども使われ、これらを煮て砂糖を添加して練ったものを指します。また、饅頭やモチ、餃子、シュウマイなどの中身に内包するために調理した具などもアンと呼ばれ、ひき肉や刻んだ野菜などがこれにあたります。更に、いわゆる餡かけもアンと呼ばれており、これは水や出汁にくず粉や片栗粉で構成されるデンプンを添加し、熱を加えてとろみをつけたものが該当します。また、広い意味では外皮など外側に対して内部に詰めるもの全般をアンと呼ぶ傾向にあります。
あずき・こしあん