黄大豆(全粒・国産・ゆで)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

全粒・国産・黄大豆・ゆで

「 全粒・国産・黄大豆・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(308%)、次は食物繊維(36.67%)、そして、マグネシウム(34.48%)、蛋白質(29.6%)、銅(28.75%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

黄大豆


大豆(だいず)は、マメ科一年草の植物を指し、種子が食用にされます。大豆は世界各地で栽培されている農作物の一つで、原種は日本でも見られるツルマメと言われています。原産地は中国の北東部からシベリアにかけての範囲だとする説もありますが、明確にはなっていないようです。栽培化は中国においてツルマメから始まったと言われており、それが朝鮮半島を渡って縄文時代の日本へ伝わったと言われています。小豆やリョクトウなど、炭化されたものが縄文遺跡として出土しているため、少なくともこの当時から豆類が利用されていたと考えられます。
全粒・国産・黄大豆・ゆで