黄大豆(全粒・米国産・乾)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

全粒・米国産・黄大豆・乾

「 全粒・米国産・黄大豆・乾 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(1200%)、次は銅(121.25%)、そして、セレン(112%)、葉酸(91.67%)、カリウム(90%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

黄大豆


大豆(だいず)は、マメ科一年草の植物のことを言います。大豆などの植物は根粒や茎粒を有し、ここに根粒菌が共生しています。この菌は植物から養分を得るとともに植物にとって必要な窒素を利用しやすいアンモニアに変化させる能力があります。窒素は植物に欠かせない物質で、肥料にも混ぜられています。通常こういった活性化した状態にすることが出来るのは限られた細菌や雷による強放電などであり、根粒菌と共生する植物は結果として窒素肥料の生成が可能になり、痩せた土壌でもよく育つ傾向にあります。大豆もこれに該当し、窒素分を十分取り込めることから多くのアミノ酸を作り出し、他の植物よりその量が豊富になっています。
全粒・米国産・黄大豆・乾